フロアコーティングを行なうときのテクニックや事前準備方法

今からやろう!フロアコーティング

フロア

フロアコーティングに必用な器具

フロアコーティングに必用な器具必用な器具は、掃除機、中性洗剤、タオル、モップ、コーティング剤、養正テープとなっています。これらはホームセンターで簡単に入手することが出来ます。

初心者におすすめなコーティング剤

初心者におすすめなのは、やはり一般的なワックスコーティングでしょう。ワックスは床に塗布して広げるだけで簡単に使うことが出来ます。しかし、最近では樹脂性のコーティング剤も、初心者に扱い易く改良されているものがあります。

上級者向けのコーティング剤

樹脂性のコーティング剤は、ガラスやシリコン樹脂など種類があり、中には業者が用いる機械がないと使用出来ないものがあります。diy上級者の方は、この上級者向けのコーティング剤を使用して、プロのような仕上がりのコーティングを行なう方もいます。

コーティングメンテナンス方法

フロアコーティングはメンテナンスが重要です。コーティング剤の中には、薬品を利用したらいけない種類がありますので、ドライモップや、中性洗剤を20倍に薄め、雑巾に染み込ませて乾拭きを行ないましょう。

コーティングのテクニックを教えて!

キレイに仕上げる方法はありますか?

湿度や温度によってコーティングにムラが出てしまうので、作業は手早く行ないましょう。ワックスコーティングは塗り直しが簡単なので、ムラやコーティングされていない部分を見つけたら塗り直しをしましょう。

出来るだけ長持ちさせる方法は?

砂やゴミなどは床の天敵です。外出された際に付着しやすいので、玄関マットはこまめに洗いましょう。スリッパの裏にもゴミが付着しやすいので、ゴミが付着しづらいフェルト生地のものを使うようにすれば長持ちすると思います。

子どもが油性マジックで落書きしてしまいました

油性のマジックやインクがついてしまったら、除光剤やアルコールで拭くと、床の傷みを防ぐことが出来ます。薬品が含まれるモップを使用した場合は、コーティングを剥がしてしまう危険性があるので、使用は控えて下さい。

家具を起きたいけど床を傷付けそうで怖い

家具を置くスペースに、フェルト生地のマットを敷いておくと良いでしょう。家具の底面に保護シートを付けておくのも効果的です。

掃除したいけど、ほうきは使ったらだめ?

ほうきやブラシは傷の原因になります。もし使用したいのならば、柔らかい素材のほうきを使いましょう。掃除機も傷をつける原因になりますので、出来るだけ使用しないようにして下さい。